千葉科学大学大学院 危機管理学研究科 教授 田中 良(博士:生体情報学)

感染症が発生して拡大すれば、個人の健康のみならず企業や社会全体に深刻な影響を及ぼす恐れがあります。私たち人類は、過去から未知の感染症と闘い続け克服してきました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、世界的なパンデミックに陥り生活様式、社会行動が大きく様変わりせざるを得ません。

感染症の種類によっては、ワクチンの開発、治療薬の発見などにより、治療法が確立されたものもあり、感染拡大防止策のノウハウも蓄積されてきています。感染症が発生した場合は、正しい情報を知ることで、誤った情報に振り回されることなく迅速な初動対応が拡大防止の第一要件です。そのため、日ごろから感染症の知識習得と発生状況の把握等を通じた対応の事前準備に努めなければなりません。

疫学予防推進協会では、資格に応じた感染対策プログラムを受講することで感染対策資格を習得できます。正しい情報や感染拡大防止の対処法等を学習し、感染症対策の向上に努めていただければ幸いです。